社会学部

一橋大学社会学部は、社会科学ならびに人文科学の専門的・総合的な教授を通じて、現代社会の諸問題を多角的・批判的に分析し豊かな構想力をもって実践的に解決する人材の育成を目指します。
この目的の実現のために社会学部が用意するカリキュラムは、さまざまな学問分野(社会学・社会調査、国際社会学、哲学・思想、言語文化、社会心理学、人類学、地理学、教育学、政治学、スポーツ社会学、社会政策、歴史学、ジェンダー研究、等々)を専門的に、分野横断的に学修できるよう作られています。また、社会学部生活後半の中核となる後期ゼミナールでは、指導教員のもと、少人数の仲間たちとともに対象を見つめ、意見を交わし、材料を分析・考察し、協同的に思考を重ねながら、学修を深化・高度化させていきます。
学生たちのこのような学修を推進するにあたって、社会学部が重視していることがふたつあります。「問題を多面的に把握する」ことと「社会が直面する課題に関心をもつ」ことです。

1 現実・問題を多面的に把握する
問題にはさまざまな面があること、そうした多面性は捉え方次第でいっそう際立ったものになること、それはまた自分自身が当たり前だとしてきた前提の問い直しにもつながること・・・社会学部の学生たちはこういった理解体験を重ね、いっそうの学修の必要を感じ、それぞれの取り組みにますます注力していきます。社会学部で学ぼうとする方々には、まずこのような「問題を多面的に把握する」姿勢をもっていていただきたいと思います。カリキュラムに用意されるたくさんの選択肢はそうした姿勢を養うためのものです。時に矛盾・衝突しあう知識を、さまざまな学問分野に求め、それらに依りながら問題を相対的・多面的に比較検討し、考察と判断を重ねてひとつの結論へと編み上げていく、そのような知力を獲得していただきたいと思います。

2 社会が直面する課題に関心をもつ
現代社会はさまざまな課題に直面しています。メディアで、ネットで、人びとの間で、いろいろな形で言及されてもいるそれらに対して、社会学部で学ぼうとする方々、学ぶ学生たちには、常に関心を注ぎ続けていただきたいと思います。それは、たとえば、人びとと現実の多様性に心を開くということです。歴史と文化を異にするさまざまな世界のあり方に目を向け、対話と理解を続けようとすることです。そしてまた、おたがいの共感と配慮のうえに、それぞれのやり方で考え、意見を述べ、誠実かつ真摯に議論を積み重ねていくということです。
このため社会学部は特定の得意科目にとどまらず、自然科学も含めて幅広くさまざまな科目に積極的に取り組もうとする姿勢をもった学生を歓迎します。もちろん、ある科目が得意でとくにそれを詳しく学びたいという学生を拒むわけではありません。ただ、大学で学問を深めるには他分野への関心も含めた視野の広さが不可欠です。特定の科目に自信があり、大学で勉強したい分野がはっきりしている人も、その学びを深めるための土台として広範な知識と関心が必要だということを理解して欲しいと思います。また、大学で何を学ぶのかをこれから模索しようとする学生も社会学部は歓迎します。試行錯誤しながら自分の関心を次第に研ぎ澄ましていこうとする学生をサポートするカリキュラムを私たちは提供しています。

受験生へのメッセージ

学生同士の切磋琢磨はもちろん
教員との交流で多様な刺激を受けてほしい

稲葉哲郎氏

稲葉哲郎教授

社会学部・社会学研究科長

一橋大学の社会学部は、単に社会学を専門とする学部ではありません。思想や哲学、歴史や政治など多様なことが総合的に学べる学部です。このことを受験生の皆さんにはぜひ分かっておいてほしいと思います。
入学後最初の2年間は、自らの関心を中心に幅広く学んでください。高校時代からずっと関心を持ち続けていた対象が、大学に入学後「自分が考えていたものと違った」と気づくこともあるでしょう。ずっと持ち続けていた関心を大切にしながらも、一方で開かれた心を持ってさまざまな分野の学問にふれてください。それが大学に入ってからの「学び」です。そういう姿勢に応えられるのが社会学部です。
3年以降はゼミに入るので、自ら決めた専門分野を集中して学ぶことになります。そのとき、同じゼミの仲間との切磋琢磨はもちろん大切ですが、同じように大切にしてほしいのが、様々な教員との交流です。一人でも多くの教員と顔見知りになって多様な刺激を受けてください。問題の原因をさまざまな情報も踏まえながら特定するような論理的思考力、社会が前提とするものを一度疑ってみるような批判的思考力というものは、そのような交流の中で育まれていくものですから。(談)

学部概要

多彩な開講科目、個性的な教員を擁する、社会科学の総合学部

一橋大学の社会学部は、国立大学法人の中でただひとつの社会学部です。その英訳名Faculty of Social Sciencesが示すように、社会諸科学の幅広い総合を目指す「社会科学の学部」であり、「社会学(ソシオロジー)」に限定された学部ではありません。もちろん社会学は多様で広範な領域を含み、社会学部の大きな柱のひとつですが、社会学部ではそれ以外にもたくさんの学問を学ぶことができます。
もともと商法講習所以来、一橋大学は、商学や経済学を起点としながらも、社会や人間、歴史や文化といった多様な領域に目を向けることで、常に広い視野をもち多様なアプローチを通じて問題に取り組むという独自の学風を作り上げてきました。「社会科学の総合」という本学の理念を象徴するこの独自の学風を、社会学部は研究・教育におけるもっとも大切な要素として受け継いでいます。
社会学部の組織は六つの研究分野(社会動態、社会文化、人間行動、人間・社会形成、総合政策、歴史社会)をベースに編成されており、教員はそれぞれの研究分野に属して教育研究活動を行っています。多彩な開講科目、個性的な教員、少人数のゼミナールによる濃密な教育が社会学部の最大の特徴であり、他学部に比べて教員や学生が多様性に富んでいることも特色です。
教育に懸ける社会学部の熱い思いは、『社会学部履修ガイド』の発行にもよく現れており、多彩な講義群の中からどんな講義をどのように履修したら良いのかをアドバイスするこの小冊子は、学生諸君に好評をもって迎えられています。
国際的に開かれた学部である社会学部は、教員も学生も海外とのつながりが深く、外国人留学生や、在学中に海外に留学する学生がたくさんいます。
また、社会学部は総合性、専門性、人間性、国際性といった基盤的能力の育成を通じて、企業人、公務員だけでなく、ジャーナリスト、教員、研究者など、多方面で活躍する人材を数多く輩出しています。
社会学部は現実への批判的関心と、旺盛な知的好奇心を持つ、個性的な学生を歓迎します。

卒業生から

贅沢な環境で人生の財産を築く大学

戸﨑 雄太

戸﨑 雄太

2009年 社会学部卒業
(学)順天堂

受験生の皆さんには、「大学で何を学ぼうか」「学ぶことが将来にどう繋がるのか」といった漠然とした想いがあるでしょう。
私は、「一橋大学で学ぶことは全てが財産になる」と感じています。
現在、私は大学職員として大学病院の運営に携わっています。
職場は小規模な組織であるため、病院の広報から、保育所の運営、病院の増改築など業務は多岐に渡ります。そうした仕事の折にも、大学時代の経験を度々思い出します。広報の際にはゼミで学んだ心理学を、土地の購入の際には他学部ですが民法の授業を思い返します。学問以外にも、職場でのマネジメントでは、所属したサークルでの部長としての経験が活きる場面もあります。何より勉学に打ち込んだ際に得た情報処理能力は、どんな仕事でも役立っています。
そうした人生の糧となる機会を、一橋大学は存分に得ることができます。少人数であるため、人とのつながりは濃いものとなり、在学中も卒業後も同級生やOBから学ぶ機会が多くあります。また、社会学部は「何でも学ばせてもらえる学部」です。授業には膨大な選択肢があり、大半の同級生が他学部の授業も受講し、自分の勉学に生かしていました。
大学通りのイチョウ並木。厳かな雰囲気の兼松講堂。静謐な図書館。情緒あふれる環境で、自分の財産になれるよう豊かな時間をぜひ過ごしてください。

ゼミ紹介

白瀬ゼミ「社会政策・社会福祉研究」
暮らしに即した支援のありかたを考える

白瀬 由美香 教授

白瀬 由美香 教授

一橋大学経済学部、社会学部卒業。2006年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了(博士(社会学))。同志社大学政策学部講師、国立社会保障・人口問題研究所室長などを経て、2015年一橋大学准教授に着任。2017年より現職。主な研究関心は、日本およびイギリスにおける保健・医療・福祉サービスの供給システム。

ゼミ風景

社会政策は、労働や社会保障など私たちの日常生活に密着した事柄を対象として、それぞれの時代における社会問題の解決を志してきた研究分野です。時代が変われば、何が社会問題であるのかも変わっていきます。現在は、少子高齢化にともなう様々な問題が指摘されているほか、社会福祉制度による既存の支援が十分に行き届かず、暮らしに困難を感じている人びとの存在が浮き彫りになってきました。
こうした社会問題を念頭に、ゼミでは社会政策や社会福祉の理論、実践に関する題材を扱った文献講読をしています。文献をもとに論点を出し合い、お互いに議論を重ねることで、学際的に知識を深め、多様なものの見方を身に付けていきます。また、長期休暇中などゼミ以外の時間にも、行政機関や福祉施設などを訪問し、支援現場の実状を知るとともに、フィールド調査の方法についても実践的に学んでいきます。これらを通じて、人々の日常生活の実態を踏まえて、より良い支援を実現するには、どのような政策が求められるのかについて理論的・実証的に検討を進めていくことを目指しています。
また、文献講読やフィールド調査実習と平行して、学生は各自が関心のあるテーマについて卒業論文に向けた研究を進めていきます。理論や歴史の研究をする場合でも、本や論文を読んでまとめるだけではなく、できるかぎり何かしら現場に行き、自分で見たり、聞いたりすることを勧めています。4年生は年間数回、卒論の中間報告を行い、内容のブラッシュアップを図っています。3年生も卒論報告の議論に参加して、各自のテーマを模索し、学年末にはゼミ論文集に1万字程度のレポートを執筆します。
社会政策に関わる題材は私たちの身近なところにあふれています。簡単に答えが出ないだけに、やりがいのある分野でもあります。日常生活で感じる疑問を出発点として、学生の皆さんとともに21世紀の福祉を考えていきたいと思っています。


小堺 千種

小堺 千種

社会学部3年

皆さんは福祉という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?障害者支援や高齢者の介護、生活保護などでしょうか。
日本は高齢化先進国といわれ、世界でもっとも高齢化の進んでいる国です。私たちのゼミでは、誰にとってどのような福祉制度が必要なのか?支援が行き渡るためには何をすれば良いのか?ということを考えています。主に行う文献の輪読では、社会福祉 の歴史や意義、貧困のメカニズムについて学びます。また夏休みには、北海道で障害者支援の現場で働く方々にインタビュー調査を行いました。そこでは人手不足の現状や支援の難しさ、職員さんの情熱を肌で感じることができました。私にとって初めての本格的なインタビューでしたが、先生のきめ細かいサポートのおかげで有意義な調査になりました。皆で食べた本場のジンギスカンも良い思い出です!
このように座学とフィールドワークを通し、支援の対象と 供給システムの両面から福祉を捉えることができるのが本ゼミの魅力です。
2017年10月撮影

ABOUT

一橋大学について